シンプルな白い箱が完成!

 

これまでヴィンテージショップで買い漁りって空き地のコンテナの中で眠っていた家具達に、リサイクルショップで見つけた掘り出し物達を混ぜ合わせて【フレッド(23)】の部屋を作り上げていきます。

 

 

 

実家で予め用意していたAirbnb用に必要な日用品やらも、セッティングしていきます。

 

 

 

押入れの奥で持て余していた、前のオーナーさんが敷き詰めていた材木が、なんと、スエーデン産のパイン材と書れてるじゃないの、、もったいないので表舞台にだす事にしました。

わざわざ北欧のスウェーデンから南国の沖縄まで遠路はるばるやってきて、行きついた先が押し入れの床材って可哀そうですしね。

あとは白壁に貼り付けて、色味だけで選んだ中古のレコードをポスター代りに飾り付けていきます。

 

後、沖縄な雰囲気も入れとこうと思い、沖縄の古い絵皿も飾りつけます。

後日みた同級生が「えーっ、この絵皿よ、オジーの家にある!やめれーっ」と言われました。

多分、【フレッド】は日系人という事で・・

 

ダブルベッド

 

 

ベットやチェアーを様々な位置に移動してみて、部屋の雰囲気や使い勝手を考えてみます。「フレッドならどうするか」って。

 

キャンプ?

 

シンプルな白い部屋に少しづづ盛り付けていきます。

やばっ、

いつもリノベっても部屋が完成したら、そこまで!だったので、こうやって好きな家具や日用品もセット、これは楽しいです。

 

ちょっとイイ感じに

 

生活のシミュレーションをしながら、配置していきます。

とはいえ、あまり便利生活を優先のはNG。Airbnb用にプロのフォトグラファーの方に撮影してもらうので、撮影用にカッコつけたセッティングをしなくては。

 

いつの間にか夕方に

 

 

この後に、テレビのアンテナの位置の都合上の為にベッドとリビングの位置を逆にする事にしました。

 

 

予めリサイクルショップとホームセンターで買った食器類もセッティング。

沖縄県内の寂れたリサイクルショップでは、カッコいいアメリカンヴィンテージの食器類にナイフにフォークが格安であったりするので、掘り出し物がGETできますよ。

沖縄の物でも、ある雑貨で1,500円上もするヴィンテージのオリオンビールのグラスやジョッキも数百円だったりと。沖縄っぽさもplusするのでオリオンビールのグラス類や沖縄の伝統的なお箸も用意しときました。

 

フレッドのイメージが段々と、日系アメリカ人になってきちゃいました。。