こんにちは、南青山のGOUGHの工事が遅れに遅れてしまい、3月上旬に沖縄の実家に帰省する予定が7月上旬へと延びてしまいました。

そんな中で、賃貸中の海が見える投資物件の退室連絡が不動産屋さんからあり、このタイミングで以前からやってみたかったAirbnbに挑戦してみる事にしました。

室内

 

 

3年ぶりの部屋は想像通りのボロです。最初っからボロボロの部屋を格安で賃貸していたのですが、入居さんが綺麗に掃除してくれていたので、あまり経年劣化はなくて三年前と変わらずのボロさでした(笑)

 

 

汚れまくった襖に畳です。お化けが出そうな雰囲気ですね。。

襖は全て廃棄してワンルーム使用の予定です。

 

畳の部屋は使い勝手悪そうだなー!って思いながら、父親の知っている畳屋さんで価格を聞いて見るも。畳一枚の張り替えが5,000円✖︎12枚で60,000円です。

なんだかもったいないな。

今回もなるべくお金は使わない様に最低限のリノベの予定です。

 

 

オーシャンビュー = 日射しを遮るものがないので畳もこんな焼けちゃって・・・

この上にダブルベッドを置く予定なので、畳にこんなにお金をかけたくないけど。黒ずんだ汚い畳にそのままベッドを置くか?とあれこれ考えて見ます。

それか、畳をステイン剤とかで塗装出来ないか?と、いつもの塗装業の友人に相談してみます。

 

キッチン

 

 

換気扇にMITSUBISHIってなっていますが、MITSUBISHIのキッチン設備って珍しいですね。しかもレトロなデザインとカラーで結構イケてます。

三年前に格安で賃貸する決め手となったのが、キッチン周りの床が傷んでいて、ベコッと凹む事と。それから、MITSUBISHIの換気扇の強のスイッチボタンが押しても戻ってしまうんです。

 

今回、そこの床は父親とDIYする事にしました。

そして、換気扇はお金をかけるかと、、強のスイッチボタンをポチっ。。

あれ??押しても戻らない。。

なぜだか直っていました、MITSUBISHIすげー。ちなみに入居者さんは料理をしないそうで、一切キッチンは利用しなかったそうです。

ちょっと気になって『MITSUBISHI 換気扇』でググってみると、換気扇メーカーとしては三菱電機が最大手メーカーだったみたいでした。さすが最大手メーカーのクオリティーですね。

障子

 

 

なぜか、アルミフレームの障子の襖です。

イカした和紙を貼ってモダン和風にでもして見ようかと迷いましたが、やはり広々ワンルームにしたいので、廃棄する事にします。

 

 

キッチン側の壁は木の合板で、畳の部屋の壁は模様の入った黄ばんだ壁紙です。壁紙側はいつもの様に、大好きな白ペンキでいっちゃう予定です。

 

ざっと、状況はこんな感じです。ありがたい事に地元の友人が面白そうだからと、今回のリノベを手伝ってくれる事になりました。