小樽ってカッコいい

 

小樽がまさかこんなカッコいい街でこんな楽しい事になっていたなんて知らなかった。札幌まで来たついでに、もっともっと安く新鮮な海産物を食べようと小樽まで足を運んだのですが、、リノベったカッコいい雑貨屋やレストランに街並みも歴史的建造物が溢れていて、横浜にも負けないくらい魅力な場所でした。

 

三角市場

 

小樽駅を降りてすぐにある、三角市場へ突入。

新鮮な物って、こうも違うんですよね。

もともとは「小樽と言えば」的に有名だった「一心太助」という海鮮料理の店があったのですが、2006年に閉店していて….

とりあえず「小樽行けばなんかうまいものあるでしょ」という軽いノリでいってみたのですが、駅前のこの三角市場で早くもうまいものを見つけて食べました。

多分地元の人からすれば「三角市場じゃなくて、もっと小樽にはうまいものがいっぱいあるよ」と言われてしまうのでしょうが。道外からくる人間にとっては、味と鮮度が抜群なのに価格が安いという「北海道まで来てよかったぁー」と思える満足度。

小樽市ももっとこの市場アピールすればいいのに。

線路乱入??

いえ、違います。古い線路が残っていて自由に行き来が出来る散歩道になっているので伊代とかみたいな事にはなりません。ですので、写真撮り放題です。この場所は駅から歩いてメイン通りの場所へ向かう途中にありました。

案内板には「1985年に廃止された旧国鉄手宮線の跡」と書かれてました。30年超経ても線路や踏切がそのまま残っていて、電車が来るんじゃないかと思うほどそのまんまな状態でした。

 

これはなんの鉄道施設何だろう?

良い雰囲気ですよね。

 

こんな倉庫があったりで、ヤベッ、、カッコいい

 

 

そうです。小樽は街中に歴史的建造物が溢れていて、そういった建物をリノベったカフェやレストランに雑貨屋とがり、インダストリアルや古いサビ好きには、たまらない街になっていました。ちょっと興奮しました。

古い工場や旧なんとか銀行に郵便局の豪華な建物がいっぱいあります。

東京駅周辺とか横浜赤レンガ倉庫とかのような、昭和だか明治だかの建造物が多く残されていました。

目立つのが、日本銀行、三菱銀行、三井銀行、北海道拓殖銀行(懐かしい)などの銀行系の豪奢な建物。中でも拓銀の建物はリノベーションされてホテルになっていました。トイレを利用するのにホテルの中にはいったのですが、大正ロマンというか、和洋折衷というか。厳かで洗練されてて、さっきまでいた三角市場と別世界でした。。。

 

 

あっちこっちで、

 

 

造り物のダメージでなくて、天然物のダメージトタン。

横浜の赤レンガ倉庫の雰囲気な建物が!!

ここはもう街なかの至所にこのような建造物があります。

撮影

パシャパシャ。。

街中をクルクルと歩くもカッコいい建物だらけで腕が鳴ります。ないけど。。

 

ここはキレイにリノベされているのですが、しっかりと当時の雰囲気が残っていて良い感じ硝子のお土産屋です。

 

 

おーっ。これは!!あの!って良く分かんないけど。

江戸っぽい、明治初期??

 

 

この、重厚感は圧巻です。

 

しかめっ面でキメてみたり

 

 

 

さり気なく遠くを見て座ってみたりと

良い写真が撮れます。

 

こちらは取壊されちゃうのかな??

 

 

 

これも、ボロボロだけど良い味出し過ぎです。

 

ここはどこ?

「ブルックリンだよ」って言えそうな建物。でも、これも小樽ですから

 

 

小樽って今だと観光地ですが、戦前は札幌よりも町の規模・経済規模が大きく、北海道で一番栄えた町であった時代が長くあったそうです。魚(ニシン)が多く取れた事、石炭の積み出し港であった事。そして今でいう北方領土やロシアとの貿易港としてそれはそれは活気があったそうです。商事会社、海運会社がこぞって進出し、人口も膨れ上がる。

その結果、地元にお金持ちが溢れ、そのお金を目的に大手銀行が集まってきたんだそうです。

東京都庁やビックサイトとはちょっと毛色が違うかもしれませんが、バブル期ってこういう後世に残る建造物ができますよね。往年の小樽も相当なバブルだった事が今に残る建物から良くわかります。

特に戦前の建物ってお金をかけたのか、デザインもとても凝ってて手抜きがない。荘厳でカッコイイ建物が多いと思います。東京でも東京駅や三越とか。

ニシン御殿

ニシンの網元の家。今じゃ全く獲れなくなったそうですが、戦前は大量に獲れ、高値で内地に売れたそうです。

 

これ昔は個人の家だったそうです。こんな金持ちがいれば銀行も集まってきますよね。

 

ニシン御殿にある喫茶室。アイスは普通でした。

 

バイバイきん

 

後日、札幌出身の友人に小樽行った話をしたら

「あー、小樽はなにもないっしょ」と言われたけど、小樽は札幌とは一味違う楽しみ方が出来る魅力的な街でした。

良くありがちなブルックリンにあこがれて「作ってみましたぁー」的なわざとらしさやチャチさがなく、すべてが本物。それも町全体的にその様な雰囲気が漂っているのがカッコよかったです。ブルックリンというより、ボストンの下町とかの雰囲気かもしれません。

北海道の人達もこの「小樽」の事をもっとアピールして。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村